コードブルー3の5話あらすじ4話感想無料見逃し再放送

出典 : www.fujitv.co.jp

コードブルー3の第4話が放送されました。第4話では今とは違った”遊び”のあるストーリーでした!

今回はコードブルー3の第4話を見た感想や第5話のあらすじ、ネット上の口コミやドラマ公式SNS情報をご紹介します。さらに、本ドラマを見逃した方やもう一度見たい方のために、無料で『コードブルー3』を見逃し視聴する方法もご紹介!

本サイトの『コードブルー』紹介ページはこちら!

コードブルーの無料視聴方法や動画配信サービス、各放送回の感想やあらすじページもご用意しました。気になる方は一緒にチェックしてくださいね。
[コードブルーの他ページをチェック]

コードブルー3を見逃した方や第1話から視聴したい方はこちら!
[コードブルーが視聴できるおすすめの動画配信サービスは?]

コードブルー3の第4話感想!

メリージェーン洋子のバーから始まった4話。冴島(比嘉愛未)がメリージェーンのバーに入ったのは初めてだったのではないでしょうか…?それにしても、無事に冴島と藤川(浅利陽介)の結婚が決まったようで安心しました。

冴島は出産を終えるまではヘリを降りるということで、代わりに雪村(馬場ふみか)がフライトナースを務めるようです。しかし、現場ではパニックになっている患者の母を放置し、鬱陶しそうに見ていました。そんな雪村の対応はナースとしての資質に欠けるのではないかと心配になりました。冴島のように患者に寄り添えるナースに成長してほしいです。

第4話は、橘(椎名桔平)先生と三井(りょう)先生の子供である優輔くんが主役でした。いつ心臓がダメになるか分からない日々を生きている優輔くんですが、両親に心配をかけないように必死で自分の感情を押し殺している様子が切なかったです。

病院から花火を見ているシーンでは、花火がマンションに隠れて見えず…。友達の死を悲しんで涙した優輔くんが「泣いちゃだめだよね…」と言っているのが悲しかったです。三井先生も無理して笑っていて、病気と闘うことの大変さが伝わってきました。

コードブルーって笑いあり、涙あり、緊迫するシーンもありで見どころが多いドラマですね!

第4話放送で気になった&注目ポイントは?

02

第4話では第3話で病院に搬送された料理人・緒方が再登場。彼は「料理人なのに腕が動かない」絶望的な状況で、お店もクビになってしまいました。しかし、そんな状況でも常にポジティブで、芯の強い人でしたね。

緒方は緋山のことが気になっているようで、緋山と接するたびにちょっかいを掛けるような発言を繰り返していました。そんな緒方のことを緋山は鬱陶しく思いながらも、そのポジティブさに自分自身が励まされているようでしたね。緋山は強がりだけど本当は弱い人間なので、緒方のような太陽のように明るい男性と相性が良いのではないでしょうか。

しかし、最後に緒方の妻が登場してプチ修羅場に。今後の展開が楽しみです!

藍沢は天才ピアニスト・天野奏に手術を受けて生き延びてほしい一心で「手術をしてもリハビリをすればピアノを弾けるようになる」と確証もない発言をしていました。その矢先に彼女が急変し、手術をせざるを得ない状況に。手術をした結果、彼女の人生が「どのように変化していくのか?」「どのように立ち直っていくのか?」を注目していきたいと思います。

コードブルー3の第5話あらすじ!

徹夜の緊急オペでぐったりする藍沢(山下智久)とは対象的に、藤川は妊娠中のパートナー・冴島の食料を買い込んで幸せそうな顔だった。緋山(戸田恵梨香)は白石に既婚者との交際について意見を求めるが、白石(新垣結衣)に「不倫はありえないと」と断言される。

それぞれが思い思いに時間を過ごしているときに、ドクターヘリの緊急要請を告げるアナウンスが鳴り響く。今回の出動は救助にあたっていたレスキュー隊をも巻き込んだ下水道内の事故だった。白石たちは軽症の患者は付近の病院に受け入れ要請を行い、重症患者のみ翔北救命センターに搬送するのだが…。

第4話放送後のネット上の口コミは?

05

第4話に対して、ネット上に載せられた感想を紹介します。

  • 串刺し少年のエピソードでは、新海と藍沢の対決があってなかなか良かった。
  • 椎名桔平の演技が自然で本当のお父さんのように感じる。演技に澱みが無く心の襞に染み渡る。

今回は脳や心臓などの繊細な体の部分の手術が多く、救命以外の先生が登場しました。循環器内科の井上先生と脳外科の新海先生が登場し、病院内の連携も見せ場でしたね。特に新海は藍沢のライバルキャラとして登場しているので、どんな人物なのかをじっくり確認したいですね。

また、橘先生のいいお父さんっぷりに好感を持てました。三井先生と一緒に息子・優輔を支えようとする姿が素晴らしいと感じました。優輔くんから「お父さんはいつもヘラヘラ笑ってる」と言われたときの反応も良かったです。

では、続いて批判の声を紹介します。

  • ヘリは飛ばないし、つまらん恋バナから始まり、患者に恋したところで妻登場!って…酷すぎる。

コードブルーの医療ドラマとしての緊張感が少なく、恋愛要素が多くなっていることに根っからのファンは納得していないようです。

ドラマ公式SNSではどんな情報が投稿されている?

役になりきると同じ動作でも表情や姿勢も違ってくるんですね!成田凌さんも俳優としては人気急上昇中なので、今後も色々な役柄で楽しませてくれそうですね。

こういうプレゼントもいいですね。放送が終了するまでは着信音をコードブルーに合わせても良いかもしれません!

テラスハウス