ごめん、愛してるの8話あらすじ見どころ7話感想は?無料見逃し配信

eye

出典 : www.tbs.co.jp

『ごめん、愛してる』の第7話が放送されました!律の優しさに涙した方が多い1話でしたね。

今回はそんなドラマ『ごめん、愛してる』の第6話を視聴した感想や気になったポイント、第7話のあらすじ(ネタバレ無し)をご紹介します。また、本ドラマを見逃した方のために、無料で見逃し配信されている動画配信サービスも一緒にご紹介!

『ごめん、愛してる』を見逃し視聴するならU-NEXT

eye

U-NEXT(ユーネクスト)はFODやHuluのように専属のテレビ局を持ちません。ですが、その分幅広く人気ドラマを一部有料で配信しています。有料とはいっても、月に一度視聴ポイントがもらえるので、ドラマ4~6話程度なら無料で視聴することができます。そのため、無料動画と組み合わせて視聴したり、ポイント分だけ有料動画を視聴するなら追加料金は不要です。

U-NEXTの一番の魅力は、国内の動画配信サービスの中でもいち早く最新の映画が配信開始されることです。ただし、月額利用料は1,990円と若干お高めです。お金に余裕がある方や、最新の映画を自宅ですぐに見たい方にはおすすめの動画配信サービスです!

また、無料お試し期間も31日と長いのも嬉しいポイント!

月額1,990円(税抜)、お試し視聴期間は31日間!
[U-NEXTの特徴・サービス詳細をチェック!]

公式サイト:U-NEXT

本サイトの『ごめん、愛してる』紹介ページはこちら!

ごめん、愛してるの無料視聴方法や動画配信サービス、各放送回の感想やあらすじページもご用意しました。気になる方は一緒にチェックしてくださいね。
[ごめん、愛してるの関連ページをチェック]

ごめん、愛してる第7話の感想は?

自分に残された時間を悟った律(長瀬智也)が、死ぬための「準備」をしている様子がとても切なく、胸が痛みました。特に若菜(池脇千鶴)や魚のために自分の通帳を渡し、魚と男同士の約束をするシーンは涙なしには見られませんでした。「男は自分のかあちゃんを守れなきゃダメなんだ」というセリフは、律の自分に向けた言葉でもあったのではないかと思います。そして、その言葉を果たせないまま、再び母親から遠ざかってしまった律の運命に皮肉を感じました。

律は残された凜華(吉岡里帆)のことを想い「お前のことなんて好きじゃない」と嘘を付いたのも、彼なりの優しさでしたね。こんなに純粋で人がいい彼が、なぜ普通の幸せを得られないんだろうとさびしくなりました…。

律のことを好きになった凜華が、今まで見向きもされなかったサトルからの求愛に戸惑う気持ちも印象に残りました。サトル(坂口健太郎)の事故のことで自分を責め、食事もまともにとろうとしなかった凜華を、律が強引に食事に連れ出したシーンには心が暖かくなった方も多かったでしょう。励ますような言葉をかけるでもなく、ただ「カツ丼を食え」の一点張り。いかにも彼らしい計らいでしたね。

ごめん、愛してる第7話の気になるポイントは?

02

あれだけ想いを寄せていた塔子(大西礼芳)に振られたサトル(坂口健太郎)が、自分にずっと尽くしてくれていた凜華の存在に今さら気付いて好きになるのは少し調子が良すぎるような気がします。ただそんな自分を「恐ろしくバカで鈍感だった」と言えるサトルは正直で純粋で、嫌いにはなれません。

律と凜華が結ばれてほしいけれど、サトルにもこれ以上傷付いて欲しくありません。3人の関係が今後どのように変化していくのか気になります。理想は麗子(大竹しのぶ)とサトルが律の正体に気づき、サトルと凜華が結ばれるエンディングでしょうか。

ごめん、愛してる次回(第8話)あらすじは?

律はかつて所属していた韓国マフィアから、彼の脳の治療を行える名医がいることを伝えられる。しかし、その情報を手にするためにはマフィア間の抗争に参加しなくてはいけなかった…。

律への想いを振り切れない凜華は、サトルの気持ちに応えることはできないでいた。そんな中、律の仲間だった男が若菜の自宅を訪れ、運命は大きく動き出す…。

ごめん、愛してる第7話のネット上の口コミ・評価は?

05

第7話放送後にネット上に投稿された代表的な感想をご紹介します。

  • 凜華に「お前のことは好きじゃない」と言ったときの律の寂しく悲しそうな表情が胸に刺さった。嘘をつかざるを得ないほど凜華を想っていることが分かり、切なくなった。
  • 人の気持ちに敏感な魚だからこそ、律の変化に気付いたんだと思う。まだ幼いながらにお母さんのこともしっかり考えているところが素晴らしい。そんな魚を抱き寄せる律の姿と力強い言葉に涙した。
  • 「幸福の王子」の話にグッと来た。結末を知っているからこそ、律の姿と重ね合わせて涙があふれた。

また、こんな意見もありました。

  • サトルが塔子から乗りかえ、今までスルーしてきた凜華を今度は独占しようとする様子に違和感を感じた。行動が子供っぽくて全然共感できない。
  • 麗子さんの心情がぶれすぎ。律を雇い入れることを許可したり、言いがかりでクビにしたり。自分が息子だったらこんな母親がそばにいたら嫌だけど、強くとがめないサトルもなんだかなぁと思う。
  • 「死んでも息子を守れ」と律に命じる麗子は異常に感じる。サトル以外の人間に対する愛情が素っ気なさ過ぎて、人間味がない。

ごめん、愛してる公式ドラマSNS情報

母親を気遣う健気な魚くん!第7話では彼の子供らしい優しさに涙が出ました…!

大竹しのぶさんの眼力がすごい1枚です。ストーリーも佳境になり、思わぬ展開が待ち受けていましたね…。

U-NEXT