国内ドラマが楽しめる動画配信サービス(VOD)ランキング【2017年】

映画やドラマ、アニメを幅広く配信している動画配信サービス(VOD)の中でも、人気が高いジャンルが国内ドラマです。最近ではテレビ放送中のドラマをリアルタイムで配信する見逃し配信も始まって、ますます国内ドラマを動画配信サービスで楽しむ方が増えています。

動画配信サービスによっては他では配信されていないオリジナルのドラマも多くあって、どの動画配信サービスを利用すればいいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は動画配信サービス選びのポイントと国内ドラマに強みを持つ動画配信サービスをランキング形式でご紹介します。

動画配信サービス/VOD選びのポイントは?

02

日本国内でサービスを提供している動画配信サービスは大小を合わせると30以上。それぞれのサービスで配信されているドラマの配信タイトルにはかなりの差があります。そこで、動画配信サービスを選択する際の決め手になるポイントをご紹介します。

  • 他社にはない独占配信ドラマがある
  • 公式サイトやアプリが使いやすい
  • 劇場最新作などの特集が頻繁に行われている

「他社サービスでは配信されていないドラマが揃っていること」や「ユーザーがストレスなく利用できる環境が整っていること」、「有益な最新情報が紹介されていること」は動画配信サービスを使い続けていく上ではかかせない要素なんです。それではおすすめのサービスをご紹介します。

おすすめの動画配信サービス(VOD)はこちら!

【1位】圧倒的な独占作品数を誇るフジテレビオンデマンド(FOD)

02

独占ドラマ:★★★★★
使いやすさ:★★★★★
特集の頻度:★★★★☆

フジテレビオンデマンドはフジテレビが運営する動画配信サービスです。配信されているドラマは、主にフジテレビが現在放送中&過去に放送したドラマです。フジテレビオンデマンド以外ではフジテレビ制作ドラマはほぼ配信されていないため、独占配信数も他サービスに比べて圧倒的に多いのが特徴です。歴代の月9ドラマや過去の名作ドラマを楽しみたいならフジテレビオンデマンドが一押しです!

月額888円(税抜)で無料お試し期間は31日!
[フジテレビオンデマンドの特徴・サービス詳細をチェック!]

公式サイト:フジテレビオンデマンド

【2位】国内外のドラマが豊富なHulu(フールー)

独占ドラマ:★★★★☆
使いやすさ:★★★★★
特集の頻度:★★★★☆

Huluは日本テレビと提携しているため、日本テレビ系列のドラマが豊富に配信されています。また、最近では現在放送中のドラマの「スピンオフドラマ」や最終回のその後の物語を描いた「特別編」、完全オリジナルの「独自ドラマ」も意欲的に制作されるようになりました。そして、海外ドラマも日本独占配信数が多いのが特徴です。サイト・アプリもリニューアルされて、より使いやすくなりました!

月額933円(税抜)で無料お試し期間は14日!
[Huluの特徴・サービス詳細をチェック!]

公式サイト:Hulu

【3位】民放各局のドラマが楽しめるU-NEXT(ユーネクスト)

eye

独占ドラマ:★★★☆☆
使いやすさ:★★★★☆
特集の頻度:★★★★★

12万本以上の動画配信数を誇るU-NEXTは国内ドラマも豊富に配信されています。テレビ局の垣根を越えて、民放各局の人気ドラマが多数配信されています。国内外の映画に強みを持つU-NEXTは、映画化が決定したドラマやその関連作品の特集も頻繁に行われています。最新作や流行りに敏感な方におすすめの動画配信サービスです。

月額1,980円(税抜)で無料お試し期間は31日!
[U-NEXTの特徴・サービス詳細をチェック!]

公式サイト:U-NEXT

【4位】圧倒的な動画配信数が魅力!ビデオマーケット(VideoMarket)

01

独占ドラマ:★★☆☆☆
使いやすさ:★★★★★
特集の頻度:★★★★☆

国内の動画配信サービスでは最大の16万本の動画を配信しています。専属のテレビ局を持たずに現在放送中のドラマや過去の人気ドラマを中心に多数配信中。ただし、ビデオマーケットが独自にドラマを制作していないため、独占配信ドラマはほとんどありません。デジタル先行配信を行っているので、どこよりも早く最新映画が観られるのも魅力です。ドラマ・映画・アニメをバランス良く楽しみたい方にはおすすめ。

月額500円(税抜)で入会した月の月末まで無料!
[ビデオマーケットの特徴・サービス詳細をチェック!]

公式サイト:[ads-vmarket-name]

【5位】独自ドラマが続々と増加中のNetflix(ネットフリックス)

eye

独占ドラマ:★★★☆☆
使いやすさ:★★★★★
特集の頻度:★★★☆☆

Netflixは全世界規模で動画配信サービスを展開しています。日本には2016年からサービス提供が開始されたため、まだ国内ドラマの数は多くありません。ただし、人気ドラマを中心に配信数が増えていて、Netflixの独自制作のドラマも続々増加中です。サイトやスマホ・タブレットのアプリも洗練されていて使いやすいのも特徴。今後に期待できる動画配信サービスです。

月額650円~1,450円(税抜)で無料お試し期間は31日!
[Netflixの特徴・サービス詳細をチェック!]

公式サイト:Netflix

知っておきたい動画配信サービス/VODの注意点

最後に動画配信サービスを利用する上での注意点についていくつかご紹介します。

無料お試し期間の終了タイミングは?

動画配信サービスに入会する際に注意したいのは、無料お試し期間が終わって月額料金が発生するタイミングです。無料期間ギリギリまで利用して解約するつもりだったのに日数計算を勘違いしていて、「月額料金が発生した直後にサービスを解約してしまった」なんて失敗はしたくないですね。そこで無料お試し期間のパターンとその日数計算方法をご紹介します。

パターン1:無料お試し期間が14日~31日!

一番多いパターンは「無料期間が固定日数で設定されている」ケースです。例えば、31日無料お試し期間がついてくる動画配信サービスに1月1日に入会したとすると、無料お試し期間の最終日は1月31日になります。つまり、入会日の1月1日を含めて31日間が対象期間になるんですね。

ちなみに1月31日の翌日にあたる2月1日になったタイミングで月額料金が発生します。

パターン2:加入月の月末まで無料、または登録月が無料

無料お試し期間が設定されるもうひとつのパターンは「動画配信サービスに入会した月の月末まで無料」になるケースです。こちらは言葉の通りで1月1日に入会しても、1月31日に入会しても、無料お試し期間は月末の1月31日までです。つまり、月末にサービスに加入してしまうと最悪1日しか無料期間がないんです。

そんな場合は翌月の2月1日0時を過ぎてから希望の動画配信サービスに加入すると、1ヶ月分まるまる無料お試し期間にできるのでお得です。

スマホのパケット代に注意

動画視聴時のパケット使用量の目安は、映画1本観ると1GB(ギガバイト)、ドラマだとその半分程度は必要です。スマホのパケット代が気になる方は、自宅のWi-Fi環境で視聴したり、動画配信サービスのアプリの事前ダウンロード機能を上手く使ってパケット代を節約してください。

寝不足に注意!

私が一番悩まされたのが寝不足になることです!動画配信サービスではテレビ放送のようにCMがなくて、レンタルDVDのようにプレイヤーへのCDの入れ替えも不要なので、サクサクと次のエピソードが観られるんです。そのため、面白いドラマだとなかなか視聴をやめられなくなります。翌日に影響しないように無理のないドラマライフを送ってくださいね!